毛髪トラブル、ハリ・コシの低下……
毛髪トラブルを改善する方法は?

女性らしさや髪のハリ・ツヤを取り戻すには?

「髪の毛が膨らんでしまう」「上手にスタイリングできない」といったスタイルの悩みを抱えがちだった10代や20代。30代以降になると、一転して「トップが寂しい印象になった」「分け目が目立ってきたような気がする」など、髪のボリュームにまつわる悩みがよく聞かれるようになります。

女性の毛髪トラブルは、男性と違って明確な原因を特定しづらい傾向にあります。ただ、誰にとってもリスクとなり得るのは、一生を通して大きく変動を続ける女性ならではのホルモンバランスのしくみや、加齢による衰えが髪に与える影響です。

女性らしく、みずみずしいハリのある肌を維持するのに必要な女性ホルモン。頭皮においても、コラーゲンの生成を促し、毛乳頭細胞に作用して髪の成長期を持続させたりします。ただ、分泌量のピークは30歳半ばくらいまで。40代に入ると徐々に減少し、それにともなって加齢を感じやすくなります。

そして、ホルモンバランスの変動が起こりやすいのが妊娠・出産です。出産後には女性ホルモンの分泌量が急減し、妊娠中は抜けにくくなっていた髪が一気に休止期に入ることもあいまって、抜け毛が急増します。

加齢によって女性ホルモンが減少する一方、男性ホルモンの分泌は上昇に転じます。特に男性の薄毛治療で有名な「DHT(ジヒドテストステロン)」というホルモンは女性にも強い作用を及ぼし、毛髪の成長を阻害して頭皮の血行を悪化させます。DHTが増加すると皮脂の分泌が盛んになり、毛穴がふさがることで“毛のもと”を作り出す毛母細胞が自滅していくこともあります。

といっても、1日100本くらいの抜け毛は正常の範囲であり、出産後に抜けやすくなるのも異常なことではありません。髪が太く長く伸びる成長期から、成長が鈍化する退行期、抜けていく休止期というヘアサイクルが正常であれば、毛髪はまた生えてくるもの。抜け毛を気に病んでストレスを溜めてしまうのは、心身にとって良くありません。

ただ、年齢を重ねるごとに休止期が長くなったり、成長期の途中で髪が抜けたりすることも多くなってくるため、抜け毛対策は必要となります。運動や入浴などで血行を良くし、髪に適切な栄養をしっかり届けるようにすること、喫煙やストレスフルな生活など血行を妨げるような行動を避けること。女性らしさやハリ・ツヤを取り戻すためにも、こういった心掛けは必須と言えるでしょう。

年齢とともに肌や体形は変化する

年齢を重ねれば、毛根も衰える

年齢を重ねていくうちに、肌や体型は少しずつ変化していきます。老化の代表格といわれるたるみやシワ、くすみといった問題は、美容において非常に大きなテーマです。頭皮には筋肉がないのでたるみやシワの心配はありませんが、髪の毛が細くなる、少なくなるといった一定の傾向が見られます。

たとえば、髪の毛を生み出す「毛包(もうほう)」は、年齢を重ねるごとに減少していきます。これは東京医科歯科大学などの研究チームが解明したもので、髪を作る細胞を生み出す「幹細胞」がダメージを受けてなくなっていくために脱毛が起こることがわかりました。

毛包内では、毛包幹細胞と色素幹細胞が細胞分裂することで毛髪が作られます。研究チームによると、毛包の減少は年齢を重ねるうちにDNAのダメージが蓄積されるから。幹細胞を維持していくためのコラーゲンが分解され、幹細胞としての機能が失われるため、毛が細くなったりコシが失われてきたりします。さらにダメージを蓄積し続けると、今度は毛包幹細胞そのものが皮膚の表面へと移動していきます。最終的にはフケや垢として剥がれ落ち、消失してしまうのです。

脱毛と幹細胞の関係に、世界の注目が集まる

東京医科歯科大学などの研究チームが明かした脱毛と幹細胞の関係は、国際科学雑誌『サイエンス』(2016年2月5日号)で発表されました。これはさまざまなメディアで大きく取り上げられ、世界中から注目が集まっています。

幹細胞を活性化、ハリ・ツヤ・コシのある髪を生み出すには?
毛髪トラブルと幹細胞の関係は、国内外で多くの研究がなされています。幹細胞となると自分の力ではなかなかアプローチしにくい部分ですが、幹細胞の働きをサポートすることが臨床試験で明らかになった成分も発見され、ヘアケア製品に取り入れられるようになりました。

幹細胞が消失する前に、有効成分を配合したアイテムを取り入れていくことは、将来的な毛髪トラブルの予防につながります。すでに生えている髪ではなく、これから生えてくる髪を意識したケアは今後、ますます浸透していくことでしょう。

現代女性ならではのストレスも、毛髪トラブルの原因に

結婚や出産、妊娠を経ても社会のなかで活躍を続け、輝かしいキャリアを築いていく女性が増えています。収入面だけでなく、夢の実現ややりがいの獲得のために、女性が力を発揮しやすい社会になってきたとも言えるでしょう。

その一方で、常にストレスフルな状態に人も増加えています。仕事と家庭の両立、役職を得たことにより対人関係の摩擦……。次から次へと問題が起こると、とてもヘアケアにまで気が回らないという人も少なくありません。そもそもストレスの恐ろしいところは、じわじわと毛髪トラブルを進行させていくことです。

頭皮はその構造上、血行が悪くなりやすいという特徴があります。血液は髪の毛に栄養と酸素を運ぶパイプラインですから、血液が不足すると当然ながらダメージを与えることになります。しかし、ストレスを感じると交感神経が優位となり、血管が収縮して血流が低下する現象が起こります。長くストレスにさらされていると、それに比例してダメージも大きなものとなります。

パソコンやスマートフォンに向かう時間が長い人の場合、さらに問題は深刻です。これは、目を酷使することで頭皮の血流が低下するリスクが加わるため。会社ではずっとパソコンに向かい、移動中はずっとスマートフォンを眺め、わずかに取れた休憩時間もSNSで書き込みをするといった生活が、知らずしらずのうちに毛髪トラブルを招きます。

といっても、ストレスと無縁で暮らすことを目指すのは、多くの人にとって非現実的でしょう。人間的に成長をするためなら、適度なストレスも必要です。ストレスを溜めすぎない工夫をしつつうまくつき合っていくことが、毛髪トラブルを防ぐカギになります。

自分に合ったヘアケア法を味方につけるには

毛髪トラブルは世界共通の悩み。国は違っても、寂しい印象が気になったり、他人から見られているのではと心配になったりするのは、女性として当然でしょう。それを反映するかのように、ここまで挙げてきたようにさまざまな研究が行われ、毛髪のメカニズムが次々と解き明かされつつあります。顔を基礎化粧品でお手入れするのと同じように、注目成分を採用することが浸透し始めています。

商品に関するお問い合わせはこちらまで

0120-077-002

(平日9:00〜18:00 / 土日・祝日休み)